2022.5.13 【その気持ちは本心か】

早いものでGWから1週間が 経とうとしている 田んぼでは田植えがほぼ終わり 今は毎日水管理 たまに水を落として土を干す事で 直接日光や酸素と触れまた 活力が向上 人間と同じで与え過ぎはダメやね 笑 さて、今日も墨を磨って作品の創作 (正確には墨磨機が磨る 笑) 創作には主にオーダー作品と オリジナル作品があり オーダー作品はお客さんからの 指定された文字(言葉)を制作 オリジナル作品は自分で書きたい字を 題材として選び自由に制作する この時に最も大事な事はその題材と 自分の心が一致していること え?そんなの当たり前の事では? と思うかもしれないけど 実は違っている時がある 仮に違っていると何枚書いても しっくりこなかったり 制作作業に身が入らない なので制作に入る前の 構想段階で何度も下書きを しながら 「本当にこの字を書きたいのか」 を自分に問うのだ こんな字を書けば「うけが良い」 こんな字を書けば「買ってもらえる」 など、周りを意識した打算が 湧いてきた時は切り捨てる 笑 これは書に限らず絵画や彫刻など 藝術作品の制作において 最も大切な事だと思っている 仏教に「身口意」という言葉があるが 身・・・行動

口・・・言葉

意・・・思い これらを一致させなさいというもの 煩悩や執着だらけの自分には 中々手ごわいが 笑 作品を制作するにはまさにこの身口意 が整っていないといけないと感じる 筆と墨と紙があっても意(思い)が

無ければ何も書けない 筆を持つ前に日々自分と 向き合わなければいけない